トップページ >ビ・ハウス公式ブログ >豊中市で住宅に関する問合せの多いエリア!

新着情報

豊中市で住宅に関する問合せの多いエリア!

2019.08.06

ビ・ハウスの家づくり

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

こんにちは

豊中の注文住宅 ビ・ハウスです。

 

当社は、アフターフォローの観点から対応可能な地域を、豊中市を中心とする吹田市・箕面市・池田市の北摂エリアに限定し、地域密着型にて対応しています。

 

↓地域密着施工の理由と対応エリアについて

しっかりアフターフォローをしたいので、当社より車で30分圏内限定・地域密着施工!

 

ビ・ハウスにお越しになるお客様は、住環境の良さやお子様の学校区を考慮し「北摂エリアで住宅を建てたい!」とお考えの方が多い傾向にあります。

そこで、今回は豊中市で住宅の問合せが多いエリアについてご紹介いたします。

豊中市内には、上野西、上野東、北桜塚、南桜塚、中桜塚、東豊中町、曽根東町、少路などの地域があり、自然環境の良さをはじめ住みやすさに定評があります。

なぜ、こんなに多くのお客様が「ここに住みたい!」と思うような良い住環境が整っているのか。

 

それは!

『第一種低層住居専用地域』や『第一種中高層住居専用地域』といった良好な住環境を保護するための制限が設けられている地域だからです。

 

『第一種低層住居専用地域』とは

都市計画法で定められた用途地域の一つで、「低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域」と定義されており、住環境を確保するために10mまたは12m以下に建築物の高さが制限されていたり、敷地境界から建物の外壁までの距離に制限などが設けられています。また、そのエリアでは住宅、共同住宅、図書館、幼稚園から高校といった教育施設、老人ホームなどは建築できますが、大学、店舗、事務所、工場、ホテル、風俗施設といった建物は建築できないようになっています。

 

豊中市内では、上野西1丁目、上野東1〜3丁目、曽根東町1丁目、上野坂1〜2丁目、東豊中町、緑丘などの地域が該当します。

 

『第一種中高層住居専用地域』とは

第一種低層住居専用地域と同じように都市計画法で定められた用途地域の一つで、「中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域」と定義されています。第一種低層住居専用地域と違う点は、日影規制さえ守れば高さ10m以上の建物でも建てられることと、ある程度の広さがある飲食店、スーパーといった店舗が建築できることです。

 

豊中市内では、赤坂1丁目、岡上の町4丁目、北桜塚1丁目、栗ケ丘町、中桜塚1〜3丁目、南桜塚1〜3丁目、夕日丘、少路1〜2丁目、西緑丘などが該当します。

 

■お子さんを通わせたい学校区がある!

当社にお問合せいただくお客様の多くは、お子様を通わせたい学校区があり、その校区内で土地や住宅を探されている方がほとんどです。

 

例えば

「豊中市立第十一中学校」に通わせたいとお考えの方は、豊中市の上野坂、上野西、上野東、東豊中町、緑丘、少路、西緑丘のエリアを希望されます。

 

「豊中市立第三中学校」の場合は、上野西、上野東、曽根東町、赤坂1丁目、岡上の町4丁目、北桜塚、中桜塚、南桜塚、夕日丘といったエリアを検討されます。

 

「豊中市立第十七中学校」を考えているお客様は、旭丘、長興寺北、西泉丘、東泉丘、南桜塚4丁目、夕日丘3丁目などのエリアで探されます。

 

 

住環境の良さで探される場合も、お子様の学校区で探される時も、住宅の購入で迷われたらビ・ハウスまでご相談ください。

 

#maincontents