トップページ >ビ・ハウス公式ブログ >建物の構造が後々の住まいの快適性を変える!

新着情報

建物の構造が後々の住まいの快適性を変える!

2019.06.18

ビ・ハウスの家づくり

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

こんにちは
豊中の注文住宅 ビ・ハウスです。

私たちは長く安心して快適・健康にお住いいただけるよう建物の構造(建築)にもこだわっています。
建物が完成してしまうと見えなくなる構造だからこそ、手が抜けない重要な部分だと考えています。

 

そのため当社では、実際に建築中の現場で構造を見学いただける「構造見学会」や、当社の住まいの情報センターでの構造模型を通じて、どのように住宅を建てているのかを説明・ご案内しています。

■「構造見学会」の活用方法
建物の構造が粗悪だと、将来の暮らしに影響が出てきます。
それは、初めて住宅を購入されるお客様より、建て替えを検討しているお客様からの質問や相談内容に堅調に現れます。建て替えを考えているお客様は、住宅の建て方しだいで暮らしの快適さに差が出ることを実生活の中で体験として感じているからだと思います。
住み心地や快適さは、実際に住んでみないと分かりません。
だからこそ将来、後悔しないためにも住宅購入の検討材料として住宅の構造についても、しっかり情報収集することが大切なのです。

 

■住宅の耐久性は担保されていない!
どの会社でも同じですが、住宅建築において建築基準法や耐震基準、建築工事中の各検査などをクリアしなければ次の工程に進められないため、昔に比べればある程度の安心は担保されています。
ですが、湿気対策・健康面への配慮などを含め建物の耐久性についての担保はほとんどなく、その会社の対応・方針に任せられているのが事実です。
そのため、安心して建築設計・施工が任せられる会社かどうかを見極める判断力が求められます。
お客様自身で情報を集め判断する必要があるのです。

ところが他社では、建築や建物の構造について知識に乏しく、しっかりとした説明ができない営業マンがいると聞くことがあります。
ビ・ハウスでは判断材料の一つとして現地での「構造見学会」や構造模型を使い、なぜそうするのか、どんな材料・建材を使っているのか、どのように建てているのかなど細かく説明しています。

 

またビ・ハウスでは、営業・建築士・現場監督の3者がチーム体制でお客様の家づくりを担当します。そのため、営業担当者も建築についての知識を有しており、さらに詳しい説明が必要な場合は一級建築士からも直接、説明を受けることができます。

↓チーム体制で快適な家づくり!
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/16680/

 

■住宅の生涯コストのことも考えておこう!
住宅を購入したら、住宅ローン以外に光熱費など毎月のランニングコストや数年後の修繕費が必要になります。
お家の建築費を安く抑えられたとしても、度々修繕が必要になるなど将来にわたって発生する生涯コストが高ければ、結局は同じことです。
それなら最初から必要な経費を投じ、住宅をしっかり建築する方が賢明です。目先の価格での判断は、将来の後悔を招きかねないため注意が必要です。

 

↓賢い「生涯コスト」対策
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/16045/

住宅の内装デザインや間取り、設備仕様も気になりますがその部分は後でリフォームすれば何とかなります。

しかし、建物の構造については、後から手が加えられないため最悪、建て替えるしか方法がありません。
構造は、建築の要なのです。住宅購入を検討される際は、この構造にもぜひ注目してみてください。

#maincontents