トップページ >ビ・ハウス公式ブログ >住宅購入時に知っておきたい各種制度

新着情報

住宅購入時に知っておきたい各種制度

2019.06.04

住まいのノウハウ

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

こんにちは

豊中の注文住宅 ビ・ハウスです。

 

住宅を新築・購入する際に利用できるお得な制度があるのをご存知でしょうか。

現在は、消費税の増税を踏まえた制度もあるんですよ。

そのいくつかを紹介いたします。

■「住宅ローン減税(控除)制度」について

住宅ローン減税とは、「住宅借入金等特別控除」と呼ばれる制度の通称で、住宅を購入する際に住宅ローンを借り、住宅を取得されたお客様に対し金利負担を軽減するための制度です。

一定の条件を満たす新築・中古物件の購入や改築について、一定の期間ローン残高に応じた金額が、所得税や住民税から控除され納めた分の税金が還付されるというものです。

毎年、年末のローン残高の1%が10年に渡り所得税から控除され、所得税から控除しきれない場合、住民税からも控除されます。

 

消費税10%が適用される住宅を購入した場合、令和元年(2019年)10月1日から令和2年(2020年)12月31日までに入居すれば、控除期間が10年から13年に延長されます。

 

↓住宅ローン減税(控除)の概要

http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

 

■「住まい給付金」について

消費税の引き上げによる住宅購入の負担を緩和するため住宅ローン減税の拡充を施しています。
ただ、それでも効果が限定的な所得増への処置として、住宅取得の消費税負担を緩和できるよう「住まい給付金」が実施されています。

現状は、年収によって上限30万円分が給付されていますが、消費税が10%に引き上げられる今年10月1日からは、上限50万円に拡大される予定です。

 

↓「住まい給付金」の概要

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000059.html

■「次世代住宅ポイント」について

「次世代住宅ポイント」とは、消費税増税後の一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅やリフォームを支援するためのもので、新築住宅は最大35万円相当、リフォームなら最大30〜60万円相当の商品と交換できるポイントを付与する補助金制度です。

今年6月3日から申請が開始され、2019年10月1日〜2020年6月30日までがポイントの交換時期となる予定です。

過去に消費税が5%から8%に引き上げられた時に「省エネ住宅ポイント制度」が実施されていましたが、今回も増税に合わせ内容を少し変更して復活した制度になります。

 

↓「次世代住宅ポイント」の概要

https://www.jisedai-points.jp/user/about/

 

<消費税について>

1989年から導入された消費税、その当時は3%の税率でした。

1997年に5%、2014年に8%へ引き上げられ、今年2019年10月には10%へ引き上げられることが予定されています。

10%への引き上げについて、当初は2015年10月の実施予定でしたが消費の冷え込みなどのよって2017年4月に延期。
ですが再び景気不振によって2019年10月に再延期されました。過去2回の延期を繰り返してきたこともあり、今回は予定通り実施されるのではないかと考えられています。

ビ・ハウスでは、住宅購入をサポートする各種制度についてもご説明しています。

住まいの新築・リフォームなどをお考えの際は、気軽にご相談ください。

 

#maincontents