トップページ >ビ・ハウス公式ブログ >変形地など、どんな敷地形状・面積でも一度ご相談ください

新着情報

変形地など、どんな敷地形状・面積でも一度ご相談ください

2019.05.21

ビ・ハウスの家づくり

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

こんにちは
豊中の注文住宅 ビ・ハウスです。

設立から30年近い年月が経ちました。これまでの長い間、お客様との契約・住宅の提供する中で、大きめの敷地を整形にした複数の区画分譲をはじめ変形している敷地、広さが限られた土地など様々な物件を手がけてきました。

 

その経験から、どんな敷地形状でもほとんどにおいて対応できるまでのノウハウや知識を保有することになりました。

当社では、自社で分譲する物件はもちろん、お客様の自宅や相続で受け継いだお家の建替えや、お客様が見つけてこられた土地に住宅を建築することもあります。

 

その土地の形状は様々で、敷地内に傾斜・高低差のある土地もあれば、平地でも形状が歪になっている土地もあります。

 

敷地面積については、住宅ローンが組める広さというのもあって、20坪弱〜の土地についてご相談でお越しになられています。

住宅を建築する土地の形状は、家の設計のしやすさやキレイな間取りが取れる形の整った土地が好まれるのですが、世の中にはある土地はそんな整形ばかりではないのも事実です。

 

 

●自由設計の注文住宅だからできること
寸法やサイズなど住宅の設計・間取りが決まっている規格通りの住宅しか扱っていない会社では、規格となるモジュールをズラしながら対応される会社もあるようですが、それでもこういった変形地や限られた広さの敷地での対応が難しいと聞きます。

 

ビ・ハウスでは、敷地の形状や周辺の建物との関係などを考慮し設計する自由設計のため、ほとんどの土地について対応が可能です。

また、図面上では設計できても実際に現場に行くと隣の建物との距離などから、施工が難しい場合もあります。

そんな時でも、ビ・ハウスの設計士や腕の良い大工職人との連携で、お客様の希望に近い住宅の実現に向け工事を進めています。

 

もし、お客様ご自身のお家の建て替えや相続した土地・家屋について、また友人・知人の方でお困りになっている方がいらっしゃいましたらご紹介ください。

 

些細なことでも構いません、ぜひご相談ください。

#maincontents