トップページ >ビ・ハウス公式ブログ >ビ・ハウスの一級建築士が語る、家づくりの本質!!Vol.2

新着情報

ビ・ハウスの一級建築士が語る、家づくりの本質!!Vol.2

2019.04.09

住まいのノウハウ

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

こんにちは
豊中の注文住宅 ビ・ハウスの一級建築士のウオズミです。

前回のVol.1に続き(http://www.bihouse.co.jp/official_blog/18143/)、この半年の間でお伝えしてきた住宅に関する様々なノウハウや情報のおさらいです。この中に、気になる情報があるかも!?

★なるべく電気を買わずに暮らす賢い方法とは!

電気代って何気に気になりますよね。特に、エアコンを使う真夏や真冬は一年の中でも一番よく電気代がかかるのではないでしょうか。
その電気が自分のお家で発電・蓄電できるとしたらどうでしょう。
災害などで停電しても、冷蔵庫の中身の心配もなく、携帯の充電もでき、テレビから情報を得ることもできます。

↓家づくりを「生涯コスト」で考える ~イニシャルコストとランニングコストって?~ 太陽光発電と蓄電池について
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/17291/

★設置費用が大幅に値下げになった太陽光発電!

ビ・ハウスでも年々、太陽光発電の搭載率が伸びてきています。その理由は、一時期に比べ設置にかかる費用が安くなったことにあり、設置することのメリットが増えた点にあります。

でも、搭載費用を回収するのに何年かかるのか気になりますよね。さて、その年数とは。

↓太陽光発電の搭載率(普及率)
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/17446/

★「法律があるから、ちゃんと建設されている」と思っていませんか

近年、土地代に比べると建物代金が安く感じる物件を見かけることがあります。

建築基準法という建物を建てる時の法律があるから、どこの会社でも建物は大丈夫だと思っていませんか。
みなさんは、建物の寿命が何で決まるか知っていますか?

↓最近の分譲住宅〈2020年問題〉について
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/17558/

★当社の一級建築士が福祉住環境コーディネーター2級を取得しました!!

高齢化社会における住宅のあり方を学び、その知識を家づくりに活かすためビ・ハウスの一級建築士が福祉住環境コーディネーターの資格を取得。建築に関わることは即答できるのに、車椅子や福祉用具に関することや医療については学ぶことが、とても多くありました。

中でも、福祉住宅について一番大切なものは何かを知ることができ大変参考になりました。

↓福祉環境について
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/17702/

単位や呼び名など住宅に関する専門的な内容もありますが、ビ・ハウスにご来場いただき実際にご案内する際には、もう少し分かりやすくご案内しているので、ご安心ください。

またお話の中で、分かりにくい内容があれば、遠慮なく質問してくださいね。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

#maincontents