トップページ >ビ・ハウス公式ブログ >ビ・ハウスの一級建築士が語る、家づくりの本質!!Vol.1

新着情報

ビ・ハウスの一級建築士が語る、家づくりの本質!!Vol.1

2019.03.12

ビ・ハウスの家づくり

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

こんにちは
豊中の注文住宅 ビ・ハウスの一級建築士の𩵋住です。

 

この半年の間に、住宅に関する様々なノウハウや情報をお伝えしてきました。
ここで、おさらいを込めてもう一度これまでの内容を振り返りたいと思います。

 

★快適さをキープするには、室内での体感温度も大切!!
みなさんは、室内の体感温度の算出方法があるのをご存知ですか。

住宅には、床・壁・天井など住宅を構成する部分がありますが、その中で体感温度が影響する部分は、どこだと思いますか?
そして、ビ・ハウスがたたき出した業界トップレベルの気密値とは!

 

↓〜 新常識、体感温度は断熱性で決まる! 〜
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/16257/

 

 

★「夏涼しく、冬暖かい家」を決める基準値がある!!
夏に家に帰ると、モワッとした生暖かい空気が漂っていたり、冬は暖房をしてもなかなか暖まらない、なんてことありませんか。
そうなると光熱費も高くなりそうですよね。

 

そこで、ビ・ハウスは快適な室内環境はもちろん、省エネ効果にも一役買う「高気密・高断熱」に力を入れています。
とは言っても、当社が独自に判断している訳ではありません。しっかりとした機関が設けている基準があるのです。

 

↓ビ・ハウスの「夏涼しく、冬暖かい家」
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/16269/

 

 

★自然災害が多かった2018年
昨年は、震災、台風、豪雨といった自然災害が多かったように思います。
今でも、仮設住宅で過ごされている方がいらっしゃると聞きます。災害に合われた方にお見舞い申し上げるとともに、一日でも早い復興をお祈り申し上げます。

ビ・ハウスが家づくりで目指すものについて、その思いを綴ってみました。

↓安心・安全の家づくり【あなたと家族を守る家】
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/16520/

 

★100万円単位のコストカット!!家の省エネは、何を見ればわかる?
車は、燃費を見れば省エネ性能が分かります。でも、家の省エネ性能はどうやって見るのでしょう?
光熱費や太陽光発電搭載時の費用対効果といったランニングコストの大幅な削減につながるものとは!

 

↓家づくりを「生涯コスト」で考える ~イニシャルコストとランニングコストって?~ ビ・ハウスの「暖かく、涼しい家」
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/17006/

単位や呼び名など住宅に関する専門的な内容もありますが、ビ・ハウスにご来場いただき実際にご案内する際には、もう少し分かりやすくご案内しているので、ご安心ください。

またお話の中で、分かりにくい内容があれば、遠慮なく質問してくださいね。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

#maincontents