トップページ >ビ・ハウス公式ブログ >新築・住宅購入を考えるときに、押さえておきたいポイント

新着情報

新築・住宅購入を考えるときに、押さえておきたいポイント

2019.01.08

住まいのノウハウ

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

豊中の注文住宅 ビ・ハウスです。

平成もあと数ヶ月となりました、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

ビ・ハウスは、これからもお客様の理想の住まいの実現に向け、スタッフ一同尽力して参ります。

本年も引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、今年最初の話題は「新築・住宅購入を考えるときに、押さえておきたいポイント」についてです。

住宅購入の検討を始めたら、まず決めてほしいこと!

それは、ズバリ優先順位!です。

お客様が譲れないと思うポイントをまとめておくことです。

譲れないと思う代表的な例でいえば
□価格(予算)
→希望する予算の上限
□建て方
→工法、平屋、木造、2階建、3階建、外観のイメージなど
□間取り
→3LDK、4LDK、5LDK、対面キッチン、書斎、パントリー付き、和室の有無、ロフト付きなど
□住みたいエリア(地域)
→例:豊中市の緑丘、上野西、南桜塚。子どもを通わせたい学校区など
□周辺環境
→買い物施設や最寄駅、公園、銀行など生活利便施設までの距離など
といった項目があります。

 

不動産において、お客様の理想を100%叶える完璧な物件は、そうそう見つからないものです。
理想の約60%〜70%くらいOKが出る物件に巡り会えたなら素晴らしいと言えます。

 

そこで、住みたいエリアが譲れないのか、価格が譲れないのか、逆に間取りのこだわりはあまりないとか、優先順位を決め妥協できることと出来ないことを明確にしておくことで、物件探しのスピードが随分変わってきます。

住宅購入の検討を始められたら、ご夫婦やご家族で意見を出し合って、箇条書きでいいのでノートにまとめておくと便利です。
また、雑誌やネットで見た好みのインテリや外観デザイン、内装デザイン、間取りなどをまとめてストックしておくと、設計図を書くときの参考になるので、お客様の理想に近くプラン作りに大変役立ちます。

 

↓もし、資産価値を維持しやすい物件をお探しなら、こちらを参照ください。
http://www.bihouse.co.jp/official_blog/17570/

 

ビ・ハウスに相談でお越しになられたお客様には、まずどんなお家を希望されているのか、どのエリアに住みたいのか、お子さんを通わせたい学校区があるのかどうか、といったことを細かく伺い、希望に近い不動産をご案内しています。

どんな些細なことでも構いませんので、まずはビ・ハウスまで気軽にご相談ください

#maincontents