トップページ >ビ・ハウス公式ブログ >在来工法を進化させたハイブリッド工法で、しっかり建てる腕の良い大工さん達

新着情報

在来工法を進化させたハイブリッド工法で、しっかり建てる腕の良い大工さん達

2018.06.12

ビ・ハウスの家づくり

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

こんにちは

北摂の住宅メーカー ビ・ハウスです。

 

〜 在来工法を進化させたハイブリッド工法で、しっかり建てる腕の良い大工さん達 〜

 

ビ・ハウスでは全ての柱と土台に4寸角(120mm×120mm)、

通し柱に4.5寸角(135㎜×135㎜)の「国産ヒノキ」を使用しています。

これほどしっかりとした柱や梁という材料を、

安心できる住まいに完成させるためには欠かせない存在、

それは、腕の良い大工です。

当社では専属の大工を確保しており

次世代を担う30代から、ベテランの60代まで、

それぞれ棟梁としてお客様のお家を「大阪一ええ家」にするため

腕を振るっています。

腕の良い大工、といっても昔ながらの偏屈な大工さんではありません。

 

当社の「腕の良い大工」とはお客様の大切な家を、

我々社員とともに、お客様の気持ちに以上に造り上げる真心がある大工の事を言います。

 

図面通りに、しっかりした構造で、安心できる家にするのは当たり前です。

 

現場に足を運ぶお客様とも仲良くなり、

お客様ご家族の顔を思い浮かべて、喜んでもらいたい!

設計図が確定していても、お客様の要望があれば

可能な限り、柔軟に対応することによって

本当に満足してもらえる「ええ家」になると考えています。

 

そういう意味では、他社の建築現場の雰囲気とは

少し違うのかもしれません。

 

工場生産や規格住宅ではなく、大工さんが愛情を持って

お客様の住まう姿を考えて造る「ええ家」をぜひ体感してください。

#maincontents