トップページ » 覗いてごらん!構造にこだわっています

覗いてごらん構造にこだわっています


地盤補強は大事

せっかく建てた家が傾かない様に

旧家屋や建築しようとする土地に残る建築物の撤去(解体)後、更地となった土地で、先ずは地盤の強度調査「スウェーデンサウンディング試験」を行います。

そのデータをもとに一邸一邸それぞれに相応しい地盤補強方法を検討し、「基礎を支える補強」を地中に施します。

写真は柱状改良杭と言い、直径約55センチもの太いコンクリート柱となる強化剤の混入されたコンクリートを地中に穴を掘り進めながら流し込み固める方法など、様々な地盤補強方法があります。

地中梁ベタ基礎

他社の基礎と見比べてみて!

地盤補強が完成したら、次はがっしりと安定した基礎を造ります。
一般建売り住宅やその工務店・ハウスメーカーとの構造力の比較は「決して難しくはありません!」
基礎も構造も『見た目で一目瞭然』なのです。
キレイかそうでないか(粗いか丁寧か)、どっしりがっしりしているか(太いか細いか的な感覚)など、知識に自信がない方でも、「何となく・・・。」で解るものなのです。
先ずは基礎の内部に編み込まれる鉄筋を見てみましょう。
鉄筋の配置、数量は十分か?全体を見渡した時に歪んだりしていないか?
何より見た目にも「キレイ」に組まれているか?等に注目!

見た目に解る頑丈さ!

鉄筋の組み込みが終わり、金型の型枠で基礎の立ち上がりを組んでいきます。
そしてバイブレーター(細振動)を与えながらきっちり隅から隅までコンクリートが収まるように流し込んでいきます。
乾燥期間を経て、最終的に型枠を外す前にレベリングモルタル(基礎の天場を水平にキッチリ保つ為の調整モルタル)で基礎を仕上げます。
「建築はセンチではなく、ミリで仕上げる!」が大事です!
ビハウスの基礎の頑丈さは見た目に一目瞭然!
どっしりがっしり「地中梁ベタ基礎」の完成です!

軸と壁と床の力を一体化!

各種現場見学会のご案内

3階にピアノや書庫、問題なし!

「軸足=柱」「支え=筋交い」従来の軸組工法は「支えながら足を踏ん張り立つ」構造の仕組みがあり、これを「在来軸組工法」と言いますが、どうせなら「細い足より太い足で支える方が良い」、筋交いも「片手より両手で支える方が踏ん張れる」これは誰もが皆理解出来る軸組工法の仕組みだと思います。

         

※木材の箇所でお伝えした様に、私たちビ・ハウスでは構造材に国産無垢の「国産檜芯持ち特一等」材を採用し、「強い軸組」を形成していますが、残念ながら「軸組は横揺れに弱い!」というデメリットがあります。その為により太く強い軸組を形成してもそれだけでは時代のトップランナーとしての構造を誇るだけの住宅とは決して言えません。

そこでビ・ハウスは、その地震の横揺れに強さを発揮する壁組み、すなわち「2×4(ツーバイフォー)工法」の強さを融合させ、さらに東西南北四方の壁組にプラス上下=「床組(剛床工法)」の力を合わせた6面体のボックスに軸を立てるという「一体型構造(モノコック構造)」を独自に研究し、「地震に強い家」として自信を持って皆様にご提供しています。

地震の揺れを抑える制振補強

「耐震構造」「踏ん張る強さ」文字どうり地震の揺れに耐え凌ぐ強さをいいますが、単に頑強に踏ん張るだけでは逆に構造躯体に圧力がかかりすぎるというマイナス点も昨今取り上 げられました。
例えばボクシングの試合を見ても解るように、「相手のパンチ=地震による衝撃」としましょう。相手の放つパンチに「歯を食いしばって微動だにせず耐える」とどうなるでしょうか?
頑丈な体をもってしてもその後に残る腫れや痛みは気力ではカバー出来ないところだと思い ます。
上手く相手のパンチの衝撃を「体を反らし逃がす」とどうなるでしょうか?
クリーンヒットとはならず、打撃時の衝撃を抑えることが出来ますよね。
この様な「外部からの衝撃、揺れにより発生する力を特殊なゴムにより熱エネルギーへと変換吸収し、力を逃がす」このシステムが「制震=揺れ震えを抑える」、制震構造補強のポイントになります!
お客様が末永く笑顔で暮らして頂ける様に私たちビ・ハウスは安心構造・対策に取り組んでいます。

動画を再生する

通気層壁

「夏暑く、冬はすこぶる寒い。」昔の造りの家は隙間風も多く、特に冬場は寒い寒い(TヘT) それに「結露がヒドイ。」なんて事ありません?これからの家は高気密高断熱が当たり前!

2重壁層の通気工法とは、季節の温度変化によって壁内に生じる内気と外気の温度差を壁内に通気層を設ける事で緩和させ、 壁内に発生しやすい結露を軽減防止する効果もあります。
基礎パッキンから均等に流れ込んだ空気を先ず基礎内部から壁内、各階を通過し、軒裏や棟から放出、この空気の流れによりより快適な住空間への断熱と結露対策の一つとなるのです。
また、気密性と断熱性、それに加え防音性にも効果のある壁内断熱材「吹付断熱アクアフォーム」をビハウスでは標準採用しております!

吹付断熱材

これまでの断熱材の主流はグラスウールやロックウールなどの繊維系が多かったのですが経年変化と共に湿気を含み、壁内でただれズリ落ちたり、配管やコンセントボックスなど の隅っこ部分は十分な断熱材の施工が困難だったりというデメリットが多く見られました。
通常施工し難い隅っこまでビッチリ断熱材で保温出来る様に、ビハウスが標準使用として在用しているのが写真左に見られる「吹付断熱材/アクアフォーム」です。
この吹付断熱は、結露防止断熱性能の他に防音性能もあったり。
また、万が一の火災発生時でも、「自沈火性能」があり安心です!

アクアフォーム

見学会情報

見学会のお問い合わせは06-6481-7555

建替えの見学会情報はこちら
分譲住宅の見学会情報はこちら
#maincontents