トップページ >ブログ >方除(ほうよけ)の大社 城南宮

新着情報

方除(ほうよけ)の大社 城南宮

2018.08.24

ツクツクボウシの鳴き声も聞こえる時期に入りましたが

まだまだ暑い日が続きそうですね。

この間、京都に行く機会がありましたので

城南宮に行ってきました。

ビ・ハウスで建築されたお客様も行かれた方が多いと思います。

                                                            

入り口に菊水若水(手水舎)があります

清め いざ

高速を下りてすぐとは思えない程の静寂を感じました。

建築の際に地鎮祭を行っている事も良くありますが、

少し簡素化して自分たちでできることとして、こちらで

安全(工事)守護の4種類の御札・御砂を授かり、

ご祈祷を修めて持ち帰る慣わしがあり

私達が建築しているエリアではこちらに来られる方が多いそうです。

 

写真を撮らせていただきました。

こちらのセットを購入される方が多いですね。

以下、城南宮ホームページから引用しています。

●【清めの御砂】を撒いて清める
敷地全体が清まるように、敷地の四隅と中央に清めの御砂を撒きます。
袋の中の白砂は穢れや邪霊を祓い清め、小さな紅白の紙(切麻)は土地の神様への御供えです。
●【方除御札】をお祀りする
方除御札は、方角にまつわる災いを除き、工事の安全をお守りくださる御札です。建築工事に先立って、御札の表が工事現場の中央に向くようにしてお祀りします。
長さ2メートルぐらいの竹の先を割り、透明の袋に入れたまま挟んで立ててお祀りください。
●【鎮め物】をお納めする
鎮め物には、土地の守護、建物の基礎が盤石なることを祈願しています。コンクリートの基礎枠が出来た時点で地中に鎮めます。
建物の中央の辺りを掘り下げ、鎮め物(の箱)に記された文字を方位に合わせて埋め、元通り土で覆ってください。

●【上棟御札】をお祀りする
上棟御札は、建物に災いがないよう、家の安泰・招福・子孫繁栄を祈願した御札で棟に上げてお祀りします。
屋根と天井との空間に納めてお祀りします。

*上棟御札(大) サイズ およそ高さ51cm×幅16cm

*上棟御札(小) サイズ およそ高さ32cm×幅10cm

●工事が完成すればお礼参りをし、【清めの御砂】を撒き、改めて【方除御札】をお祀りします
建築現場にお祀りしていた方除御札を城南宮にお戻しください。
そして、新しい清めの御砂を授かり敷地の四隅に撒いて清め、屋内用の方除御札を授かって、新居の柱や壁にお祀りします。

合わせて、工事の安全と無事を願うご祈祷も受ける事が出来ます。

【鎮め物】【上棟御札】は、その建物が続く限りずっとお祀りください。

巫女神楽も梅・藤・菊のころに行けば舞を見る事ができるそうです。

ご興味の方は行ってみてください。

大阪からでしたら名神高速

京都南インター第2出口で下りてすぐです。

第1出口ですと反対方向に行ってしまいます。

============

どんなに祈祷しようが、自然災害はやってくると思います。

大切なご家族を守る家づくり、安心して暮らせる家づくり、

「大阪一ええ家を造ろう」のビ・ハウス

営業課 兼田でした。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【facebook/instagram】

皆さまからの沢山のフォローやいいね!をお待ちしております
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-1-28
住まいの情報センター/(株)ビ・ハウス
TEL/06-6841-7555
FAX/06-6841-7951

照 明 計 画「ライティングKnow-How」

2018.08.11

皆さまこんにちは。ビ・ハウスの小林です。

最近、よく照明の勉強会・商品説明会・セミナーに参加するのですが

照明によって住空間の見え方がこんなにも違うのか?!と感心しています。

間取り計画ももちろん大事ですが、その後の照明計画もしっかりと検討したいですね。

今回は使用頻度の高いダウンライトの基本についてまとめてみます。

ポイントは「点・線・面」

例えばこの写真を見てどう思われますか??

結論から言いますと、照明の配置ついて良いとは言えません。

平面図の情報に捉われ過ぎてバラバラに・・・

まず、配置がバラバラでまとまりがなく、配色も一体感がなくキッチンが浮いて見えます。

では、こうするとどうでしょうか??

集中配当することで天井面が整理された印象に。

点・線・面で配置が出来ています。また、余計なキッチンフードなどを

照らすことがなく、配色も統一することでまとまりが出ました。

しかし・・・ダウンライトの灯数が多く感じますね。

定格光束㏐を上げることでよりスッキリと配置できます。

こうすると、より印象が良いのでは無いでしょうか。

よく必要箇所の上部には照明を付けるという配置をしがちですが、

空間に最適な灯数と明るさを知れば照明計画は変わります。

どうですか?思ったよりも少なくてすみますよね。

連続する空間ではより照明計画の難易度は上がります。

今回はダウンライトの基本のみですが、間接照明など様々な照明が住宅には

あります。【光】まで考えた建築計画をすればより良い住まいになるのではないでしょうか。

ビ・ハウス小林でした!(^^)!

〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-1-28
住まいの情報センター/(株)ビ・ハウス
TEL/06-6841-7555
FAX/06-6841-7951

お気軽にお電話、またはこちらのメールフォームよりお問合せ下さい
http://www.bihouse.co.jp/contact

 

 

在宅介護に向けた自宅にリフォーム

2018.08.09

住宅介護に向けた自宅にリフォーム。

二か月程前から週に一度、介護職員初任者研修に通い

建築業者として出来る在宅介護への住宅リフォーム方法や

障害、老化に対する様々な介護知識を学んでいるところです。

なので、日々の生活の中でも此れまで気にならなかった事に

街中で気づいたり、例えば歩道の段差や、信号横断歩道の付近の

状況、それに在宅介護となった場合を想定して、今の自宅の

不便な所(玄関が狭い・段差が多い・トイレが寝室から遠いなど)

がやたら気になるようになりました。

住宅建築業界も、今後さらに少子高齢対応の住宅設備が注目されると思います。

先日、当社で採用している「EIDAI」さんのショールームに行ってきました。

これらの写真は新築やリフォーム時を想定したバリアフリー住宅に適った設備

の提案商品たちです。

(上/車椅子でも利用可能な洗面台とミニキッチン)

キッチンコンロは当然ながら「火」を使うガスコンロではなく、IHコンロ。

操作性も考え、車椅子に座ったままでスイッチON/OFF出来る様に換気扇のスイッチ

はキッチン引出と同じラインにあったり。(感心。。)

各所の扉は幅広仕様で、車椅子でもラクラク出入り可能な1m幅に。

トイレの介護用扉も間口が約1m15cmといったワイドスパンになる工夫がなされた商品

があったり。

また、各所の手すりや扉の取っ手も掴みやすく、押さえたりもたれたし易く、かつ滑り難い

ものになっていたり。

 

自宅での介護は正直なかなか難しい点が多いかと思います。

私自身も過去の母の介護を自宅で経験(といっても自宅に看護師、介護士の派遣)

をお願いしていた事もありましたが、在宅介護というものには嬉しい反面、限度もやはり

あります。

介護用に造られた施設の中での生活とは違い、不自由な間取り空間にどうしてもなって

しまいますので、そのあたりもしっかり学んで気付いて、今後のお客様からの相談に

対応できるよう、心がけていきたいな、と思っています。

「心のケア」と「身体のケア」、老いは誰にでも訪れる避けようのない事実。

健康という生活を意識して暮らしていても、いつ何時災害や事故等によっても

不自由な暮らしを余儀なくされる、という事も他人事ではありません。

備える知識を得る、先ずは只今実践中です!

 

 

営業部

マツムラ

小豆【KOMAME】 レストラン

2018.07.30

今日は曽根にあるレストランをご紹介させていただきます。

タイトルにもありますが、

こまめ【小豆】というお店です。

こまめ-曽根のアットホームなレストラン

ランチ時に行きましたので、たくさんの自転車がありお店が目立ちません

すいませんっ(>_<)

とてもかわいいファサードです。

実はオーナー兼シェフのT様は弊社のお客様なのです。

平成7年にご新築されて、私は当時の担当者です。

(もちろん今も担当させていただいています)

もう23年も経つのかーと改めて振り返ると自分でも驚きますね。



たくさんのお客様がいらっしゃって大忙しの中、

いつも通り気さくに対応して頂いたT様、ありがとうございます。

ランチタイムが11時~17時まで!

仕事が立て込んで、お昼のタイミングがずれても全然大丈夫。

これはメニューの一部です。

スイーツやカフェ、軽食などたくさんのメニューがあり、

本当に一人で大丈夫ですか!っていうくらい豊富です。

お菓子や和三盆まであります。


今日は、ハンバーグランチを頂きました。

野菜が多くてとてもヘルシーです。

モーニングもされています。

ディナーもされています。

なんとテイクアウトも!


T様は、いつも元気いっぱいで、

いつ休んではるんやろう、とこちらが心配するくらいです。

さて、


ポルチーニって知っています?

私は知らなかったのですが、【ポルチーニ祭り】というものが

テレビ番組で紹介されているのをみて興味津々でした。

こまめさんでは、おでん風にして出されています。

私もいただきましたが、とてもおいしいです。

テレビ番組みたいに「ポルチーニ!!」と叫んでしまいそうになります。!(^^)!

* * * * *

昨年末のカレンダー配布のご挨拶の時、

「ああそうや、ビ・ハウスの近くに店出してん。また来てや」と

声をかけていただいて、何度かお邪魔しています。

家を建てさせていただいたご縁で、

地元だからできる、今も気さくにお話しできる関係は

本当にありがたいことです。

T様、これからも宜しくお願い致します。

興味のある方はぜひ行ってみて下さい。

本当においしいですよ!!

林でした!!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【facebook/instagram】

皆さまからの沢山のフォローやいいね!をお待ちしております
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-1-28
住まいの情報センター/(株)ビ・ハウス
TEL/06-6841-7555
FAX/06-6841-7951

お気軽にお電話、またはこちらのメールフォームよりお問合せ下さい
http://www.bihouse.co.jp/contact

 

 

 

【注文住宅っていったいなんなんだろう?】

2018.05.03

注文住宅とは「あなたにとっての理想を形にした家」

「注文住宅」とはいったいどんなものなのか?

住宅広告のキャッチコピーでよく見かける

●自由設計 ●色柄コーディネート自由等、表面的な

ものも勿論そうなのだと思うのですが、私自身が思う注文住宅とは、

●もっと具体的に 

●もっと細かな箇所まで 

こだわりが反映可能であること

ではないか?と思うのです。

たとえば「バリアフリー住宅」を考えてみたとしても

●段差などの障害を無くす事で生活しやすいように

というのが一般的な考え方ですが、実際に利用弁のある

バリアフリー住宅は、通常の間取り設計と違って、

より”パブリックスペース”(玄関・廊下・トイレ等)等

の面積を大きくとらなければなりませんので、本来少しでも

広くしたかったお部屋や、収納スペース等の空間を圧縮しなければ

ならない、といったしわ寄せも設計上の問題となってきます。

(※建築面積のゆとりに限りがあるケースでの設計)

下の添付写真(他社ウェブサイトより転載)では、車椅子での生活がし易い

ように設計された玄関スペースですが、

「バリアフリー」の画像検索結果

●玄関扉が開きドアではなく「3枚連動の引き戸」になっている。

●玄関スペースに奥行を持たせ、スロープを設置している。

障害をもたれた方も、介護される方にとっても利用弁の優れた

空間設計だと思います。しかし、通常設計する玄関スペースの

約2倍ほどの面積を玄関で確保しなければならないといった

面積問題も発生してしまいます。

【 建物間口5.46m(3間)での設計例 】

 

 

上の図は、建物間口3間(5.46m)玄関間口1間(1.82m)

といった一般的な都市型の玄関間口で描いたもの。

建物内を自由に車椅子で移動可能な間取り設計をする場合は、

それ相応なゆとりある面積が必要になってしまいますが、一般的な敷地面積

30坪前後という都市型住宅の場合はそういうわけにはいきません。

同じ建物間口で、上写真同様の図を描いてみると、

玄関スペースにこれぐらい面積が必要になり、限られた

建物間口の条件のお宅では、お部屋の大きさも変わってきます。

と、ここまでが一般的な考え方なのですが

「敷地条件にも限りがあるし、でも活用便ある設計にしたいし・・・。」

私が思う「注文住宅」とは、この様な問題点を

いかに機能的にいかに利用弁ある家づくりがご提案出来るか?

だと思うのです。

規格化された大手メーカーのコンセプト住宅や、注文住宅という名の

簡易的設計ではなく、手間がかかり、何度も細かな問題点やご希望箇所

要望まで打合せを繰り返し、

「だったらこうしてみませんか?」

「妥協点は最終的に、兎に角取組んでみましょう!」

悩みや理想が多くて大変!

というものは、手間も時間も労力も必要ですが、

その分「愛情」も込められた家づくりになると思うのです。

●雑誌に掲載されている様なお洒落な空間

●趣味や趣向こらしたデザイナー設計

●実用性を兼ね備えたバリアフリー住宅

 

などなど、

よりあなたのお好みが叶ったわが家にする為の「注文住宅」を

私たちビ・ハウスでは”追求”していきたいと考えています。

 

家づくりをお考えなら、是非一度ご相談下さい。

 

 

ホームアドバイザー/営業部:マツムラ

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

豊中市・箕面市・池田市・吹田市・北摂エリア地域密着

注文住宅の専門家:株式会社ビ・ハウス

住まいの情報センター:〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-1-28

☎ 06-6841-7555

地域密着にこだわり続け、おかげさまで設立28周年目に入りました

メールでのお問合せフォームはこちらから ☟

http://www.bihouse.co.jp/contact/

 

 

 

【廊下をギャラリーに!アートフレーム作成】

2018.04.30

お世話になっております。ビ・ハウスのコバヤシです。

さて、今回はお客様の住まいの一部をギャラリーにしてみませんか?

とご提案をさせて頂いておりますので、【アートフレーム】を作成したいと思います。

出来上がりはこんな雰囲気に!


では、まずは部材を揃えます(木製フレーム・ペンキ・刷毛)

次に、フレームの背面が段ボールなのでスチレンボードをカットして変えます

そして、木製フレームを塗装する前に研磨しておきます

最後は塗装、今回はお客様のご要望もありブラックで

写真をはめ込むとこんな感じに

無塗装だとこんな感じに


カラーだと主張しすぎるので、セピアかモノトーンに加工をしています。

お住まいはビ・ハウスで建築中ですので飾るのは未だ先ですが、

廊下の一部をギャラリー化します。

ピクチャーレールを入れて、スポットライトを当てて影のでる雰囲気にします。

私も今から楽しみです。ちょっとのアイデアでオンリーワンの家づくりが可能です。

お客様にお喜び頂ければと思いながら製作してみました。

完成後の写真もUP出来ればと思います。

ビ・ハウス小林でした!(^^)!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

豊中市・池田市・箕面市・吹田市・北摂地域で 2世帯住宅・注文住宅・建替えやリフォームを

お考えのご家族様は 注文住宅の専門家「ビ・ハウス」にお気軽にご相談・お問合せ下さいませ!

お問合せはコチラ

お電話でのお問合せはコチラ→ 06-6841-7555

【ピラティス体験 in お客様の家】

2018.02.27

少しずつですが、日中は暖かく感じる今日この頃

今回、私達 下元・原田・兼田の3人が向かったのは

「キリンファミリー通信」の取材で2年ほど前に建てていただいた

お客様の家にお邪魔し、ピラティス体験をレポートすることになりました。

 

奥様が自宅リビングを利用してピラティスの教室を

開いているとお聞きしたので参加させていただきました。

(生徒さんは女性のみらしいのですが、今回は特別に下元も参加することになりました。)

約1時間、呼吸と合わせて身体を動かし

体験終了!

奥様は10年ほど前にピラティスと出会い

今では口コミでひろがり生徒さんも増えているそうです。

友人がビ・ハウスで家を建てて、その方の紹介でビ・ハウスで建てることになったT様

口コミや紹介で繋がっていくのはありがたい事です。

それと気になる建物を発見したのでご紹介します。

ご主人とお子様で作ったおうちらしいです。

扉を開けると・・・。

内装もばっちりです。

住み心地は・・・。

良さそうです。

お庭も今後は作っていくそうなので楽しみですね。

完成のあかつきには、また見学させてくださいね。

T様ありがとうございました。

今後も宜しくお願い申し上げます。

bihouse 下元・原田・兼田でした!(^^)!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

注文住宅の専門家 bihouse/(株)ビ・ハウス

新築・建替え・リフォーム・注文住宅・DIY相談

家づくりの事ならなんなりとご相談下さい!

地域密着型ハウスメーカー

ご相談はお気軽に(^○^)

お問合せメールフォーム☞ http://www.bihouse.co.jp/contact/

お電話もお気軽に☞ 06-6841-7555

【2020東京オリンピック ヒノキ伐採式】

2018.02.25

今回のブログは先日執り行われました

【2020東京オリンピック ヒノキ伐採式】

についてレポートしたいと思います。

2020の東京オリンピック・パラリンピックに選手村建設に使用される

ヒノキの伐採式が【岐阜県白川町】で執り行われました。

H30.2.20午前11時から神事やおの入れ式が行われた後

高さ28m直径約50㎝のヒノキが切り出されました。

切り出されたヒノキや全国63の自治体から集められた木材は

東京オリンピック・パラリンピック【ビレッジプラザ】の建設に使用されます。

大会後はレガシー(遺産)として公共施設などに利用されます。

昨今は、海外製の集成材が多く使用されローコストで

【家の建築】が行われる事が一般化していますが、

本来は地域材で【住まいの建築】を行うことが

風土や日本の四季を考えると良いのです。

耐久性のある地域材で長く健康に過ごすことが本当の意味で

エコに繋がり日本の森林を守ることになります。

ビ・ハウスは地域材(国産ヒノキ特1等材)をすべての柱・土台に使用

しております。2020年の東京オリンピックが注目されることで

国産材の良さが見直されればと思います。

bihouse コバヤシでした!(^^)!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

注文住宅の専門家 bihouse/(株)ビ・ハウス

新築・建替え・リフォーム・注文住宅・DIY相談

家づくりの事ならなんなりとご相談下さい!

地域密着型ハウスメーカー

ご相談はお気軽に(^○^)

お問合せメールフォーム☞ http://www.bihouse.co.jp/contact/

お電話もお気軽に☞ 06-6841-7555

【 アクセントウォールで洋風仕様のマイルーム 】

2018.02.22

よく雑誌などで特集されているインテリア内装写真には

魅入るものが多いですが、雑誌に掲載されている様な

装飾品や家具なんてなかなか揃えたり出来ないですよね。

生活感のないお洒落な空間には憧れますけど(^_^;)

従来の日本家屋=畳・和室は海外の方に人気があり

私たちの注文建築でも和室を求められるお施主様が

少ない事も事実です(私個人的には和室大好きなんですが。。)

添付のインテリア写真にもあるように、洋風のお洒落な空間

を演出するに、家づくりの上で先ず取入れて頂きたいのが

「アクセントウォール」です。

簡単に言えば、「壁紙選び」壁=白という概念を捨て

目に鮮やかな印象を与えるアクセントとなる内装クロスを選ぶ。

四面ある壁の1面でもいいですし、4面でも構いません。

この時気を付けたいのが、床材とドア・枠材の木質材の色に

なります。(すべてのアクセントカラーにはまり易いのは「白」)

これまで日本のお家では「壁」に然程こだわるなんて発想は

ありませんでしたが、海外のお家の様に、壁自体も「個性的」

なんて家づくりが現在、増えてきています。

こちらのお部屋は実際のお施主様の注文住宅の内装写真です

まだ家具や装飾品などは一切入っていませんが如何でしょう?

個性的な壁紙がアクセントとなり、壁面に組み込まれた本棚も

とても印象的ですね。

たとえばこの内装仕上げに装飾品をディスプレイしたら

どうなるのか、イメージをコラージュしてみました(*^_^*)

テーマは「サーファーズルーム」(^○^)

いかがでしょう?(^_^;)ちょっとごちゃごちゃしすぎたかな。。

いずれにせよ!!!

アクセントウォールひとつで内装が個性的に洒落た演出ができますよ

皆さんの家づくりのご参考にしてみて下さい

 

「嗚呼、家づくりっていいもんですね」

 

 

 

営業部/マツムラ

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

注文住宅の専門家 bihouse/(株)ビ・ハウス

新築・建替え・リフォーム・注文住宅・DIY相談

家づくりの事ならなんなりとご相談下さい!

地域密着型ハウスメーカー

ご相談はお気軽に(^○^)

お問合せメールフォーム☞ http://www.bihouse.co.jp/contact/

お電話もお気軽に☞ 06-6841-7555

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木製ひじ付回転いす、買いました!

2018.02.18

お世話になっております。

悲しいことがありました・・・

自宅で使用している椅子が壊れてしまいました。

背もたれの金属部分が折れています。

修理する方法を考えましたが、

①根元から ②金属で ③荷重がかかる背もたれ

という3つの問題をクリアする方法が思いつきません。

残念ですが、20年以上使用したことに感謝して

新しい椅子の購入を考えました。

・・・・・・

早速ですが紹介しましょう。

今回購入した「ひじ付回転いす」です。

 

これまでの椅子との比較です。

色々な椅子を検討しましたが、

①座面が大きく安定する方が良い。

②ひじ付いすは立上りの時とても楽。

③座面が回転すると動作がスムーズ。

④無垢の椅子の方が座りごこちに温かみがある。

また今回の古い椅子を処分する時、

金属部分があると分別廃棄に手間が

かかることがわかりました。

無垢の木が良いといっても座面は固いので、

専用座布団も購入しました。

これがなかなの優れもので、全く滑りません。

座るたびに座布団が落ちたり、ずれたりするのは

あまりいい気がしません。

4脚とテーブルですがなかなかいい感じだと思います。

このようなひじ付回転する椅子は

高齢者の方にも、とても良いと思います。

ただ椅子自体は重くなってしまうので

注意が必要ですね。

家ほどではないですが、長く使うものですから、

無垢の木はやっぱりいいな、と改めて感じました。

営業 林でした。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

豊中市・池田市・箕面市・吹田市・北摂地域で 2世帯住宅・注文住宅・建替えやリフォームを
お考えのご家族様は 注文住宅の専門家「ビ・ハウス」にお気軽にご相談・お問合せ下さいませ!

 

 

 

家づくりのお問合せフォームはこちら→ http://www.bihouse.co.jp/contact/

お電話でのお問合せはコチラ→ 06-6841-7555

 

 

 

2019年 1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC

カテゴリー

#maincontents